バイトするあなたを応援します!これだけは知っておきたいバイト情報をまとめました!

みんなのバイト改革

ガスト

ガストのバイトはきつい?つらい?【ホールとキッチン、楽なのはどっち?】

投稿日:

ガストのバイトは、やっぱりきついのでしょうか?

ここ数年、飲食業のバイトスタッフの集まりがとても悪いというニュースを耳にしたことがあります。

ガストのような飲食業のバイトは、忙しくててきつい割に時給に見合わない…というのがその理由らしいのですが、ホントのところはどうなのでしょうか?

ガストは全国展開されているレストランで、きっとあなたの家の近所にもガストが何店舗かあると思います。

シフトの調整さえうまくいけば、仕事そのものは難しくなさそうです。

それに、覚えることを身に付ければ上手にやっていけるのじゃないかな?なんて言った理由で、ガストでのバイトを希望しようかなと思うわけですが、、、

実際のところ、ガスのバイトは一体何がきついのか?はたまた、一体何が大変なのか?について、思うところを書いていきたいと思います。

まず、ガストにはフロアとキッチンのポジションがありますが、はっきり言うとどちらも忙しいです。

「フロアの方が楽そう」とか「キッチンの方が簡単そう」なんて考えてしまう人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

フロアにはフロアなりの大変さがありますし、キッチンにはキッチンなりのきつさがあるのは事実です。

ガストのバイトは、時給の割には仕事内容がちょっときついんじゃないかなぁ…と感じることが多い仕事です。

シフトによっては1人でフロアに立たなければならない時もあるわけですが、不思議なことに1人シフトのときに限って、お店がめちゃくちゃ混んだりするんですよね。

テーブルに押しボタンがありますよね。

あれ、ピコルっていうんですが、店が混雑してくると、そのピコルが鳴り止まないわけです。

次から次へとお客さんがオーダーするので、働いてるスタッフも何とか対応しようと店内を右往左往するわけですが、いかんせん一人でお店を回しているので、限界というものがあります。

そうなんです。

ガストは常にスタッフに余裕を持ってお店を回しているというわけではなくて、結構ギリギリの人数の日だってあるのです。

ひとりで料理提供しながら、会計までしなければならない…。

ほんとに泣きたくなるような状況だと思います。

オーダーを受ける時のハンディの使い方は、すぐに覚えられると思います。

ガストのバイトは、とにかく覚えることが多いと言われていますが、大切なのは「何とかして覚えてやろう」という気構えです。

気持ちさえあれば、なんとかやっていけます。

仕事も完全に覚えきっていないうちから「もう辞めたいな」なんて思ってしまうのは、あまりにも早すぎます。

ガストのバイトはキッチンも大変です。

仕事内容を丁寧に教えてくれる新人向けの講習会みたいなものはありません。

覚えることがほんとに多すぎるのです。

一緒にキッチンに入っているスタッフが優しければいいのですが、お店が慌ただしくなってくると、やはり心の余裕がなくなってきます。

そういった状況でわからないこと聞いてしまうと「さっきも教えただろう?」みたいな感じで、かなり強めの口調でいわれたでもします。

基本的に、言われたことを一度で覚えきるつもりがなければ、ガストのキッチンバイトは勤まらないかもしれません。

ガストのバイトは、まさに実践形式なんですよ。

作ったことのないメニューも「メニューを見ながらやればできる」というスタンスですし、こんなふうに言われた時は正直でちょっとびっくりしましたが…。

ここまで書いてしまうと、ガストのバイトはまさに戦場というか、ほんとにきついという印象を持ったかもしれませんね。

忙しいのは確かですよ、きついのも本当です。

ですが、仕事というのは本来大変なものですし、楽ををするためにガストのバイトを選んだわけではないはずです。

結局は、自分が仕事覚えられていないからきついと感じるわけです。

ガストのバイトは、ホール、キッチンともに、まずは1ヶ月くらいは頑張ってみてください。

仕事そのものに慣れてしまえば、意外とイケることが身をもってわかるはずです。

-ガスト
-

Copyright© みんなのバイト改革 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.