バイトするあなたを応援します!これだけは知っておきたいバイト情報をまとめました!

みんなのバイト改革

ニトリ

ニトリのバイトはきつい?忙しい? 【ニトリスタッフの大変な仕事ぶりを考察してみる】

投稿日:

ニトリでバイトしようかな…なんて考えてる人が、特に気になってしまうのが「やっぱキツイ?」ということなんですよね。

私の家の近所にも大型のニトリがあって、平日に行くとお客様ほとんどいないんですけど、土日祝日なんかに行くと駐車場がもう満車じゃないか!?…なんて思ってしまうぐらいお客さんでごった返ししています。

店内に入ると、レジには長蛇の列が並んでいます。

だだっ広い店内を、お客さんが所狭しと物色しています。

そんな光景を見るたびに「ああ、やっぱニトリって凄い人気だなぁ…」なんて考えてしまうわけです。

ニトリのバイトスタッフを見てみると、あちこち動き回っていますし、レジに目をやれば、次から次へとお客さんが会計に進んでくるので、スタッフはレジから離れることができないようです。

さて、こんなニトリですが、実際にバイトしてみると本当にきついのでしょうか?

個人的には平日と土日の落差がものすごく激しいお店のようにも感じるのですが、ここでちょっとニトリのバイトのきつさや大変さについて述べてみたいと思います。

まず、ニトリのバイトがきついと感じてしまうのは、お客さんで賑わう土日がほとんどであるのはまず間違いありません。

特にレジなどのフロアーを担当するスタッフが、そのように感じる傾向が強いようですね。

やっぱり、接客業って精神的なきつさや辛さがついてまわるものなんですよね。

もちろん、倉庫などの裏方スタッフもきついですよ。

ただ、体力的な辛さというのは慣れてしまえば意外と耐えられるものです。

自分でタイムアタックして、「この作業は○○時までに終わらせるぞ!」みたいな感じで業務に望めば、どこかゲーム感覚で作業ができたりします。

ところが、常にお客さんから目の届く範囲で仕事しなければならないフロア担当だと、精神的な疲れが結構溜まってしまうものなんですよね。

ニトリのバイトがきついと感じてしまう要因の1つに、力仕事があるというものも考えられます。

こういったときに、頼りにされるのが男性バイトなわけですが、男性バイトの状況お構いなしに「〇〇さん、今すぐ来て下さい」みたいな感じの呼び出しを受けて行ってみると「この商品、私だとちょっと持ってないから棚の上に移していてくれる?」みたいな感じで言われることもあるようです。

もちろん、体力仕事は女性よりも男性の方が向いているのでやる必要はあります。

ですが、こういった呼び出しが、お客さんと接客中にもたびたびあったりするので、男性バイトは体力的な辛さの上に精神的な辛さも感じることもあるようです。

ちなみに、年間を通してみると、ニトリのバイトが最も忙しくなるのは入学や入社がある3月と4月がピークだと言われています。

このシーズンは多くの人が引っ越しをするので、家具や家電、雑貨類などを買いにニトリにお客さんが押し寄せます。

この時期のニトリのバイトは、想像を遥かに超える忙しさです。

昔からニトリでバイトをしている人が3月4月のシーズンにシフトに入ると、忙しいのは確かですが、これまでの経験があるのでなんとか切り抜けられます。

ところがニトリのバイト経験が全くない新人がこの時期にバイトとして入ってしまうと、かなり大変な思いをすることになります。

次から次へと覚えることが多い上に、お客さんからも「〇〇はどこにある?」みたいな感じで質問されたりもします。

新人だからといって分からないではいけません。

仕事から逃げ回るのはできませんし、何よりお客さんからしたらバイトも社員も全く変わりがないわけです。

こういった環境の中で1日でも早く仕事を覚えながら、自分の役割をこなしていかなければならない、、、これは確かにきつくて大変なことです。

ただ、冒頭でも述べたように、ニトリのバイトは平日と土日祝日などの忙しさに大きな落差があります。

土日祝日を思い切り頑張れば、平日でもシフトは割りと落ち着いた雰囲気の中でバイトできます。

まずは、大変さやきつさを乗り切られるだけの仕事のやり方を覚えていくことが先決です。

-ニトリ
-

Copyright© みんなのバイト改革 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.